高確率の増毛効果を得るならミノキシジル

男性ホルモンが原因で薄毛の症状が起きるものを、AGAと呼んでいます。
AGAには治療薬が開発されていて、高確率で薄毛の症状の改善を促すことが可能で増毛効果が期待できる医薬品として注目されています。
AGA治療薬として高確率の増毛効果が期待できる医薬品には、ミノキシジルというものがあります。
ミノキシジルは元々は高血圧症の改善のための内服薬として開発されたものですが、副作用として増毛効果が確認されたために、現在ではAGA治療薬として使用されています。
ミノキシジルはアメリカの食品医薬品局であるFDAによって認められている育毛剤で、男性型脱毛症の改善のための高い有効性があることが証明されています。
ミノキシジルの効果としては、毛細血管を拡張させる作用があって、血流を増加させることが可能となるので、毛根を活性化させることができて高確率で発毛の促進へとつなげられるものとなります。
血行を促進させる作用を持っている塩化カルプロニウムとは違って、毛根の活性化ができるので増毛効果を得られる医薬品です。
ミノキシジルの作用は主に頭頂部の発毛に影響を与えると考えられていますが、高濃度のものを外用すれば、回復が困難であると言われている前頭部の発毛効果も得られると期待されています。
ただし、医薬品であることには変わりありませんので、濃度が高くなるにつれて副作用を発症してしまうリスクも高まることが考えられるために、高濃度のものを使用するときには経過観察を行う必要性が高くなります。
主な副作用としては、動機や頭痛、めまいなどの症状を発症する可能性がありますが、使用方法を性格に厳守することで過度な心配をする必要はありません。